〒730-0001 広島県広島市中区白島北町10-1 アストラムライン「白島」駅より徒歩4分 TEL:082-221-2811EPARK ネット受付はこちらから

広島県 広島市 がん 治療 免疫療法 ハスミワクチン 超高濃度ビタミンC点滴 NK細胞療法 岡山県 山口県 大腸がん 子宮がん すい臓がん 乳がん

免疫療法とは

HOME»  免疫療法とは

免疫療法

がん細胞は、がんを宣告された患者さんだけでなく健常者の体内にも存在します。
体が健康な状態では、がん細胞の増殖を自己免疫力により抑え、排除しています。
免疫療法とは、本来体が持っている免疫力を高め、自身の力で、がん細胞の発生や増殖を抑えるようにするのが目的です。
標準治療との併用も問題ありません。副作用はほとんどなく、QOL(生活の質)を改善します。
※免疫療法は自由診療となります。

Ⅰ樹状細胞療法

(1)ハスミワクチン

提供場所:当院 (カートリッジタイプの場合、自宅での自己接種も可能) 60年以上の歴史を持つワクチンです。免疫システムを活性化し、がんを予防します。また、標準治療後の再発・転移の予防にも効果があります。
ハスミワクチンのアジュバントは、人体細胞膜成分である脂肪酸とリン脂質から構成されているため、人体に害がなく免疫担当細胞である皮下の樹状細胞を活性化させます。
この成分はハスミ研究所の特許成分です。
ハスミワクチンはこのアジュバントと抗原を混合皮下注射します。
※アジュバントとは樹状細胞の働きを助け、免疫の力を増強させる物質のことです。
※抗原とは免疫が攻撃の目印にする物質のことです。
国立がんセンターの調べで、ハスミワクチンの接種により5年生存率が25%上昇するというデータが出ています。

 

アジュバント療法

提供場所:当院
ハスミワクチンのアジュバントを健康の増進に役立てようというのが、“アジュバント療法”です。アジュバント療法は、皮膚に直接貼り付けるタイプの“パッチ型アジュバント”ですので、注射や点滴が苦手な方にもおすすめです。

 

(2)HITV療法(Human Initiated Therapeutic Vaccine)

ご相談・ご予約:当院
提供場所:ICVS東京クリニック(理事長 蓮見賢一郎先生)(東京都千代田区紀尾井町)
がんの進行度Ⅳ期、すなわち進行したがんを治癒に導くことのできる最先端免疫療法です。
HITV療法は患者さんから血液を採取し、樹状細胞を体外で培養し、がん組織の中に送り込んで、“CTL(キラーT細胞)”という細胞を誘導し、がんを攻撃し続け自動的にがん細胞を消滅させると同時に、病巣消失後も再発・転移を防ぎます。
※特殊な医療機器を用いますので、ICVS東京クリニックでの実施になります。

 

NK細胞療法

提供場所:当院
培養先:細胞療法センター(東京都杉並区阿佐ヶ谷)
人が生まれてから自然に備わっている自然免疫の代表であるNK細胞を利用したものがNK細胞療法です。はじめに32mlの採血を行い、3〜4週間かけてNK細胞の培養を行い体内に戻します。初回は2回分採血し(約64ml)、感染症の検査をさせて頂きます。
投与は月に1〜2回です。

TOP