〒730-0001 広島県広島市中区白島北町10-1 アストラムライン「白島」駅より徒歩4分 TEL:082-221-2811EPARK ネット受付はこちらから

広島県 広島市 がん 治療 免疫療法 ハスミワクチン 超高濃度ビタミンC点滴 NK細胞療法 岡山県 山口県 大腸がん 子宮がん すい臓がん 乳がん

院長紹介

HOME»  院長紹介

院長よりごあいさつ

“人生を豊かなもの”にするための医療

 このたび永山医院を継承いたしました汐見千寿です。
 祖父の永山研吉郎が広島市中区に当院を開業したのは、今から90年ほど前――。祖父から母の永山多壽子が当院を受け継いだのが1965年ですから、母はこの地で50年以上も治療に 邁進 まいしん してきたわけです。長きにわたり、二人の先達が多くの患者様と人生を共有してきた場所に、今わたくしが医師として立つ不思議に、何か峻厳なものを感じています。

「医は仁術なり」

 祖父が目指した医療の姿です。
 当院を訪れる患者様たちに向き合っていると、この言葉の意味を改めて考えさせられます。そして、祖父、母に続き、人間を一貫して診続ける医療を極めたいと、密かに意を強くするのです。

 現代医学は病気の撲滅に力を注いできました。お陰で感染症によるパンデミックは激減しましたが、反面、新たな耐性を持った細菌やウイルスの登場を促してしまいました。治療と細菌のイタチごっこに陥ってしまったわけです。

 確かに、現代医学は多くの人に恩恵をもたらしました。しかし、逆に救いを絶たれてしまった人も少なくありません。医学が自らの標準と定めた治療。それで効果が望めない人は、見捨てられてしまったのです――例えば「がん難民」というレッテルを張られて。人間は健康をもたらすはずの医学によって、新たな苦悩を抱えることになってしまったわけです。

 しかし、病気を治療する方法は、現代医学がいう“標準治療”だけではありません。民間医療といわれる治療法には、 いにしえ 智慧 ちえ が凝縮されていますし、現在は標準治療に定められていなくても、優秀な効果を発揮している治療法は少なからず存在します。

 その代表的な治療法が「免疫療法」です。免疫療法は最先端の治療法でありながら、副作用のない身体に優しい治療法です。当院では70年以上の歴史を誇る「ハスミワクチン」をはじめ「NK療法」「樹状細胞療法」など、多様な療法を患者様の状態に応じて施術しています。

 病になるにはそれなりの理由があります。そういう意味で、病気はこれまでの人生を見直すチャンスだともいえるでしょう。当院は病気を前向きに捉え、元気に生きていこうとする患者さんたちと共に、“つくし会”という患者会を立ち上げました。がん治療に役立つ情報を共有し、速やかな治癒へ結びつけることを目的として、和気あいあいと活動しています。

 人生は楽しく豊かなものであるべきです。永山医院という伝統の場を通じ、少しでもそうしたメッセージが発信できれば、医師として大変幸せです。今後とも当院をお見守りくださいますよう、お願い申し上げます。
 

医療法人社団寿会 永山医院
院長 汐見千寿

 

名誉院長 永山 多寿子より

昭和40年、多発性骨髄腫で成す術も無く亡くなった父の医院を継承し、地域に根ざした診療活動を致しております。

昭和42年、ハスミワクチンと出会い、先代蓮見 喜一郎先生のご指導を頂き、病院との連携をもとにがん患者にワクチンでの在宅医療を致しております。

昭和62年、先代の蓮見 喜一郎先生がお亡くなりになり、現理事長の蓮見 賢一郎先生が珠光会・癌研究所・多摩ニュータウンの聖ヶ丘病院を運営されるようになり、蓮見 賢一郎先生のご指導を頂き、今日まで免疫療法の勉強をしながら患者さんと泣き笑いの人生をともに歩んできました。

昭和60年、がん患者さんの会(すぎな会)を結成し、がん患者さん共々学びながら今日に至っています。

東京にて柳澤 厚先生とマンツーマンで超高濃度ビタミンCの勉強をし、治療の一つとして取り入れました。

私自身も15年前に乳がんを患いましたが、ハスミワクチンを信じ、術後はハスミワクチンのみで以後再発もありません。
患者様も自身の生命力を信じ、最後まで諦めない気持ちを持って頂きたいと思います。

私どもも最後まで諦めない医院でありたい。
最後まで諦めない患者さんのために、最後まで諦めないことが、永山医院の信念です。

 

経歴のご紹介

所属学会・研究会など


TOP